いとうコラム

ナムブドゥリパッドアレルギー除去療法(NAET)とは

2015/09/04

 これまでの説明で、以前よりアレルギーというものの仕組みがおわかりになって頂けたと思います。
それでは、NAET®によるアレルギー除去療法について説明していきましょう。

これまでの一般的なアレルギー除去といえば、除去食アレルギー反応を抑える薬(ステロイド薬など)に頼るしかありませんでした。

除去食はアレルゲンが複数にわたると、食事制限がかなりきつくなりますし、好きなものを楽しく食べたいという生理的欲求を一生満たすことができないのでとても辛いものです。
抗アレルギー薬に関しては、前にも述べましたように、結局は症状を隠しているだけで、内服が長期になれば、何らかの副作用が必ず出てきます。

NAET®は1983年にアメリカ在住のデビ S・ナムブドゥリパッド先生が編み出した薬や光線・レーザーなどの医療器具を一切使わないアレルギー除去療法です。ご自身が子供の頃から白米とカリフラワーしか食べるものがないくらいの極度のアレルギー患者であり、何とかして治りたい、何かいい治療はないものかと医師・カイロプラクター・鍼灸師(博士)・看護師の資格を全て取ったのです。

そしてその集大成がNAET®となって、20年の臨床実績をもとに、現在アメリカをはじめヨーロッパ・オーストラリア・アジア・メキシコ・南米・南アフリカで広がりつつあります。デビ先生、そしてNAET®発見に至る経過などに関する詳細は、著書『病気よ、さようなら』(増田裕訳、科学新聞社)をご覧ください。

NAET®では、犯人探しは東洋医学を用い、施術はカイロプラクティックで行います
患者さんの問題が、どの経絡(気の通り道)の問題なのか。そして何がその経絡のエネルギーの流れを乱しているのかをバイルという“物質固有のエネルギーを転写させた水の入った小ビン”を持ちながら、筋力検査法を用いて探していきます。コンピューターを使って探し出すことも可能です。

そして問題となっているもの(アレルゲン)を見つけ出したら、アレルゲンに対するアレルギー除去の施術を行います。脳はアレルゲンのことを、“これは自分にとって不必要であり、問題を起こすものだ”と思いこんでいますので、NAET®による施術により、“これは身体に必要なもの又は無害なもの”という新たな認識に入れ替える作業を行うのです。

施術後25時間以内
施術した項目の食品、物質を

■食べない
■触らない
■近寄らない

施術後25時間は、施術した項目の食品や物質を食べない・触らない・近づかないなど、いくつかの守らなければならないことがありますから、詳しくは担当施術者からお聞きください。

NAET®で施術する対象は、この世に存在するすべての飲食物・物質・動植物・現象・感情などです。

そして代理人を使えば、赤ちゃんやペット、寝たきりの人にも施術をすることができます。しかも注意点さえ守れれば、副作用の心配は一切ありません
NAET®JAPANが発足して5年、ひとりでも多くのアレルギー患者さんに幸せや健康を取り戻していただけるよう施術者向けにセミナーを開き、日本国内に広げていくための活動を行っています。

Dr.デビ、そして日本をはじめ世界中のNAET®施術者は、ぜひこの新しい概念をもつ画期的な施術法で、生きる楽しさ・喜びを皆さんに手にして欲しいと心から願っています。

NAET®JAPANより転載

ご予約・お問い合せ

施術内容一覧

  • 初めての方へ
  • いとう整骨院について
  • 治療の流れ
  • 料金表
  • アクセス
  • よくある質問
  • 患者様の声
  • お問合せ
  • いとうブログ
  • いとうコラム
  • 個人情報の取扱
いとう整骨院外観 いとう整骨院

〒850-0001
長崎市西山2丁目7-13
TEL/FAX:095-824-7339
お気軽にお電話ください

受付時間
午前 8:00~12:00
午後 15:00~18:30
※木曜日・土曜日:午後休診
休み 日曜日・祝日